インプラント・小児歯科・小児矯正が得意な
沖縄県那覇市の歯医者さん

さつき歯科クリニック

診療時間 日祝
9:30~13:30 - -
15:00~19:00 - -

※土曜日の午後の診療は14:30~17:30です。

歯のお悩み、お気軽ご相談ください

098-857-6480

地図はこちら

一般歯科

診療時間 日祝
9:30~13:30 - -
15:00~19:00 - -

※土曜日の午後の診療は14:30~17:30です。

虫歯・歯周病の治療

虫歯や歯周病といったお口の病気の治療を行うのが一般歯科です。
虫歯も歯周病もいったん発症すると自然治癒はせず、放っておくとどんどん進行してしまう病気。
最終的には歯を失うこともあります。早期発見・早期治療を心がけ、できるだけ自分の歯質を残しましょう。

さつき歯科の虫歯治療

虫歯は、プラークに棲みつくミュータンス菌などの虫歯菌が食べかすに含まれる糖分を栄養にして酸を出し、その酸によって歯が溶かされていく病気です。
初期段階において痛みなどの自覚症状がほとんどないため、発見したときにはだいぶ進行していたというケースも少なくありません。
進行するほどに治療の際の歯を削る量が多くなるため、歯へのダメージを防ぐためには早めの対処が大切です。
冷たいものや甘いものがしみるのが虫歯のサイン。
虫歯かな?と思ったら、できるだけ早く受診しましょう。

また、さつき歯科の虫歯治療は保険診療にて対応しています。
より自然な見た目と咬み心地を維持したい患者様には、自費診療にて対応できるセラミックを使った審美歯科治療も行っています。
どうぞお気軽にご相談ください。

光学式う蝕検出装置ダイアグノデント ペン

レーザー光線を歯面にあててう蝕(むし歯)があるかどうか、またどれくらいの深さか検査する装置です。
目で確認できない初期のむし歯を、発見できますので、早い段階で治療することが可能になります。

光学式う蝕検出装置ダイアグノデント ペン

さつき歯科の歯周病治療

歯周病は、プラークや歯石に棲みつく歯周病菌が毒素を出して歯茎(歯ぐき)に炎症を起こし、次第に歯を支えている顎の骨を溶かしていく病気です。
日本人が歯を失う原因の第1位に挙げられ、成人の約8割がかかっているかその予備軍だといわれています。
近年ではご年配の方だけでなく、30代の若い世代の方も患っているケースが増えています。

歯周病は、初期段階での自覚症状がほとんどありません。
歯茎(歯ぐき)から血や膿が出る、口臭がひどくなる、歯がグラつくなどの症状があらわれたときには、すでに悪化した状態であることがよくあります。

最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうため、「静かに忍び寄る恐ろしい病気」だといわれている歯周病。
ブラッシングのときに出血したり、歯茎(歯ぐき)が赤く腫れていたりしたら、できるだけ早く受診しましょう。

歯周病と糖尿病

糖尿病とは、インスリンが十分に働かない事により、体内で分解された糖分が有効に使われず、糖分が血液の中溜まり高血糖状態が続いてしまう病気です。
今や国民病とも言われるほど患者数の多い糖尿病は、代表的な「生活習慣病」の一つです。

近年、歯周病と糖尿病とがお互いに関係することが明らかになってきました。
歯周病になることで歯周病菌が毒素を出す事は上にも書きましたが、その毒素は血液中の糖分をコントロールするインスリンの働きを妨げ、糖尿病を悪化させる可能性があります。
さらに、糖尿病が悪化すると体内の免疫反応が低下し、感染症にかかりやすくなるといわれています。
そして細菌感染を原因とする歯周病のリスクも当然高まってしまいます。
また、高血糖状態が続く事でハグキの血管が傷んでしまうことで、歯周病が進行しやすくなります。

相互に悪影響を及ぼす歯周病と糖尿病の関係はとても厄介なものです。
しかし、糖尿病患者の歯周病を徹底的に治療することで、血糖コントロールが改善することなどが報告されています。
つまり、歯周病の治療を行う事で、糖尿病の改善が見込めるのです。

POIC(ポイック)ウォーターホームケアー

ホームケアとして、POICウォーターをお勧めしています。

POICウォーターはタンパク汚れを分解、洗浄、殺菌してくれる除菌水です。
生体免疫由来の殺菌成分を含んでおり、超純水と塩(海水の1/10以下)を電気分解し生成した水です。

誤飲してしまっても体に影響のないものです。安心、安全に使えます。

おススメしたい患者様

  • 歯周病の方
  • 口呼吸の方(歯垢がつきやす方)
  • 自分で上手に歯ブラシの出来ない方
  • むし歯予防
  • 口臭予防

POIC(ポイック)ウォーターホームケアー